おすすめ副業 AdobeStock始めて10ヶ月!稼げる?収入は

Adobe Stock 10ヶ月
Adobe Stock 10ヶ月

カメラ初心者の私が「Adobe Stock(アドビストック)」でフォトストックを始めてみました。

写真は携帯でボタンを押すだけの超素人からのスタートです。

前回の記事では「Adobe Stockを始めて8ヶ月」時点での結果でした。

カメラ素人の私が、「Adobe Stock(アドビストック)」を2021年1月から始めて、10ヶ月が経った今の売上・収入を解説するブログです。

ストックフォトサイトには様々ありますが、Adobe Stockで販売開始してみたらどうなったのか。

Adobe Stockの他にも、PIXTA・Shutterstockでもストックフォトをやっています。

PIXTA・Shutterstockの販売状況は別の記事で書いています。

副業ストックフォトの記事は下記のカテゴリーにまとまって入っていますので、ぜひ読んでみてください。

スポンサーリンク

ストックフォトとは

ストックフォト(Stock Photo)とは、頻繁に使用されるであろうシチュエーションで予め用意された写真素材のこと。もしくは、写真を含むそのほかマルチメディア素材のこと。その中から、予算に応じて広告・出版等の制作会社が目的に合った素材を選び、使用料を支払うことで利用できる。出典:フリー百科辞典ウィキペディア(Wikipedia)

要するに、サイトに登録した自分の写真を必要な人に販売してくれるサービスということになります。

Adobe Stock(アドビストック)とは

Adobe Stockとは、「Lightroom」「Photoshop」「illustrator」などの画像編集ソフトで有名なアドビ社が提供している最大級のストックフォトサービスです。

Adobe Stockの販売相手は世界

PIXTAは日本からの購入者がメインですが、Adobe Stockでは世界中のクリエイターから広告やメディアなど、様々な用途で使用されています。

当然、販売する側のクリエイター数が多くなり、競争率は高くなりますが、購入する側の数も増えるということ。

日本だけではなく、世界中の人々へ向けて自分の写真を投稿できるのは魅力です。

ストックフォトを始めたい人へ!カメラをレンタルするのもあり

今カメラを持っているのであればいいですが、持っていない場合やもっと性能のいいカメラでストックフォトへ投稿してみたいと感じている方へおすすめなのはレンタル!

一眼レフなどのハイスペックカメラともなると、数十万円は覚悟が必要です。

試してみたいカメラや、レンズ、周辺機器などをレンタルで試してみてから購入を検討してもいいかもしれません。

DMMいろいろレンタルなら、一眼レフやGoProはもちろん、PCや家電などのレンタルもできます。

金額が高くて迷っているけど、写真が撮りたい方にはおすすめです。

一度試してみてはいかがでしょうか。

DMM.comのいろいろレンタル!

Adobe Stockでストックフォト 始めて10ヶ月の収入は?

2021年1月から販売開始して、10ヶ月経った結果報告。

写真素人の私が、Adobe Stockでの販売で収入を得ることができたのか。

前回の報告は8ヶ月時点なので2ヶ月経過しています。

Adobe Stockでの写真登録枚数|2021年10月時点

現時点での写真登録枚数は約1,300枚となりました。

前回の記事の8ヶ月時点では、約1,200枚だったので、100枚程増えたことになります。

振り返ってみると、2ヶ月で100枚は少なかったです。

もう少し頑張れたかもと反省してます。

審査で落とされた素材もあったので、まだまだ修行が必要なようです。

PIXTAと違い、アメリカ本社の「Adobe Stock」と「Shutterstock」は審査が厳し目です。

始めた当初は、腹が立つくらいガンガン審査に落とされていました。

最近は、落とされる素材の数も減ってきましたが、いまだに落とされる時は落とされます。

カメラ初心者の私は、ストックフォトサイトに結構鍛えられています。

審査の方法はわかりませんが、その時に審査する人によって結果が違うような気もするので、あまり気にしすぎないようにはしています。

同じ素材でも、Shutterstockでは通って、Adobe Stockでは落ちる。逆にAdobe Stockでは通ってShutterstockでは落ちる。なんてこともあります。

日本企業のPIXTAでは、審査が易しいのか、ほとんど落ちることはありませんでした。

そんなこんなで、2ヶ月で約100枚の写真登録枚数の増加となりました。

Adobe Stockでのダウンロード数|2021年10月時点

現時点(2021年10月時点)でのダウンロード数は168回となりました。

前回の8ヶ月目では、115回だったので、約2ヶ月で53回ダウンロードされたということになります。

売れる日もあれば、売れない日もあるという感じで波はあります。

ダウンロード数が150を超えるとAdobeの特典があるようなので楽しみです。

Adobe Stockでの気になる収入は?|2021年10月時点

2021年1月から販売開始 実際の売上(2021年10月時点)

107.18ドル。

Adobe Stockはアメリカの会社なので、支払いはドルになります。

現在、1ドルが約110円(2021年10月)。

日本円に換算すると、約11,800円。

前回の8ヶ月目が、約7,700円だったので、4,000円ほどの上乗せ。

Adobe Stockで換金するためには、25ドル以上の報酬を獲得している必要があります。

私も、そろそろ換金をしてもいいかなと考えています。

ちょっとでも多く貯めてから換金したいなと考えていましたが、1万円を超えてきたのでそろそろ考えておきます。

換金した時は、このブログで状況をお伝えできればと思います。

先日、Adobe Stockで、ストックフォトとしては初めての換金をしました。

その時の様子は下記の記事で読むことができます。

まとめ

以上が、素人の私のAdobe Stockを始めて10ヶ月目の販売結果です。

ついに1万円を超えました。

これが、早いのか遅いのかわかりません。

でも、自分としては満足な結果です。

なによりも、私の撮った写真が誰かに売れていると思うと嬉しくなります。

もっともっと売れる写真を研究していきたいと思っています。

ストックフォトが気になっている方は、Adobe Stockでストックフォトを始めてみてはいかがでしょうか。

最後までお読みいただきありがとうございました。

コメント