【一発合格】宅建|初心者へおすすめのスケジュールの立て方

悩み
悩み

「宅建の資格試験を受験したいんだけど、スケジュールの立て方はどうしたらいいんだろう…。初めて挑戦するけど、できるなら頑張って一発合格したいい。でも自信ないです。」

そういった疑問にお答えします。

本記事の内容

・「宅建」初心者が資格試験に合格するならスケジュール管理が重要

・「宅建」初心者が資格試験に一発合格する為に|意識するスケジュール管理のコツは3つ

この記事を書いている私は「宅建」「FP2級」「第一種衛生管理者」「キャリアコンサルタント」に一発合格しています。「仕事をしながら資格取得する方法」などの記事を書いています。

経験からわかる大切なこと。それは「継続して勉強を続けること」です。

そこで今回は、「宅建の資格試験初学者のスケジュールの立て方」についてノウハウをまとめました。

なるべくわかりやすく書きましたので、最後までお付き合いください。

※資格試験の勉強を合格まで継続していくための対策は

【資格試験】勉強に集中できない時│役に立つおすすめの対策4つ

で解説しています。参考にしてください。

宅建試験の初心者が資格試験に合格するなら、スケジュール管理が重要

宅建合格
宅建合格

特に初心者の方は、資格試験に挑戦するために、

・スクールで学ぶ(通学・通信)
・独学

このどちらかになります。試験の難易度にもよりますが、初心者はスクールで学ぶことをおススメしています。

初学者の学び方として

【初心者向け】宅建士は独学で一発合格は難しい│スクールで学ぶべき理由

の記事で解説しています。

宅建試験について解説ですが、他の試験対策としても参考になりますので読んでみてください。

『スクールのカリキュラムに沿って』スケジュール管理

スクールで学ぶ場合、その学校のカリキュラムがあります。

それに従って進めていけば、初心者でも計画を立てやすくなります。

費用はかかりますが、スクールの力を借りることで一発合格への道に近づきます。

▼▼おすすめのスクール・通学|通信▼▼

【LEC東京リーガルマインド】は、全国展開の資格スクール。30年以上の実績とノウハウがあります。

LEC東京リーガルマインド

▼▼おすすめのスクール・通信教育▼▼

【フォーサイト】は、資格取得のための学校としてトップクラスの実績!教材に徹底してこだわっています。テキストはフルカラーでわかりやすいと好評!教室を持たないので手頃な値段になっています。

資格試験の通信教育・通信講座ならフォーサイト

▼▼効率的な勉強をするためにおすすめの本▼▼

メンタリストDaiGoの【超効率勉強法】先生に教わったやり方を根底から覆す、科学的なメソット35。
著者ならではの切り口で、本当に使える勉強方法を解説しています。

宅建に一発合格する為に|意識するスケジュール管理のコツは3つ 

次の3つとおまけ1つです。

①試験日を確認し逆算してスケジュールを作成して管理

②余裕も持ってスケジュールを立てる

③こだわらずスケジュールは修正していく

おまけ|カレンダーでカウントダウン

順番に詳細を見てみましょう。

①試験日を確認し逆算してスケジュールを作成して管理

まずは、手帳・カレンダーなどに試験日を記入します。

逆算して、あと何日あるかを計算します。
計算できたら、

・過去問をいつまでに何回やるか
・模擬試験のタイミングをいつにするか

こんな感じでスケジュールを作成してください。

この時点で初心者の方が細かく考えても、ペースがわからないと思います。

カリキュラムがあって、質問できる「スクールで学ぶ」方が失敗する可能性は少なくなります

年に1度の宅建試験。失敗するリスクは減らしておきたいですね。

【過去問をいつまでに何回やるか】

宅建試験は、過去問を「何回解くか」がカギとなってきます。

まずは全科目を「1回転させるのに、どれだけかかるのか」をつかんでください。

2回転・3回転と回数が増えると、早く回せるようになってきます!

過去問の余白に、「解いた日付を入れておく」と、前回やったのがいつかわかります。

そうやって、ペースをつかんでスケジュールをたてていきましょう。

宅建 過去問の勉強方法はこれだけおさえろ!【イメージ図あり】

で詳しく解説しています。

【模擬試験のタイミングをいつにするか】

模試をどのタイミングで受けるか決めておくと、本試験より前に目標ができます。

本試験より前に目標ができることで、スケジュールの建て直しができます!

模擬試験を受けることに関しては、

【宅建】直前期!模試を受けることをおすすめします!

で解説していますので、そちらも参考にしてください。

②余裕を持ってスケジュールを立てる

スケジュールを立てる段階でやってしまう事として

・目一杯詰め込んだスケジュールを組んでしまうこと

があります。

最初の頃はやる気も十分で、スケジュールを考えている時のモチベーションは高いです。

しかし、あまりにも厳しいスケジュールを作ってしまうと、余裕がなくなります

勉強を継続するためには、休息も所々で必要です。

気持ちに余裕を持てるスケジュールにしておきましょう。

③こだわらずスケジュールは修正していく

②で余裕を持ってスケジュールをたてると書きました。

そのうえで、スケジュールは何回でも修正していきましょう。

余裕があれば、早く進めてしまってもいいし、気分転換に休んでしまってもいいです。

逆に余裕がなければ、ペースを見直してスケジュールを組みなおしてもいいんです。

毎日追い込まれるようなスケジュールではストレスになって逆に効率が悪くなってしまいます。

「はかどらない時は手を休める」

「集中している時はできるだけ進める」

これが、上手にスケジュール管理するのコツです。

おまけ|カレンダーでカウントダウン【写真付き】

これは私がやっていたことですが、おまけで紹介します。

私の場合、カレンダーにカウントダウンの数字を記入してました。

どちらかと言うと、私もスケジュール管理は苦手な方です。

そこで私は、カレンダーに残りの日数を書いていました。

本試験の日を0として逆算して1,2…31,35というふうに残りの日数がわかるように書き込みました。

試験日 カレンダー

私の感覚ですが、漠然と残り3ヶ月ってよりも、残り90日って数えたほうが、「もう、90日しかない」って思えます。

目につくところに、カウントダウンの数字があると、緩んだ気持ちが引き締まります。

みなさんもカレンダーに残り日数を書き込んでみてはいかがでしょうか。参考までに。

まとめ|宅建試験のスケジュール管理は余裕をもって

記事のポイントをまとめます。

・「宅建」初心者が資格試験に合格するならスケジュール管理が重要

・「宅建」初心者が資格試験に一発合格するために意識するスケジュール管理方法は3つ

①試験日を確認し逆算してスケジュールを作成して管理
②余裕も持ってスケジュールを立てる
③こだわらずスケジュールは修正していく
おまけ|カレンダーでカウントダウン

こんな感じです。

行き当たりばったりの勉強よりも、計画性をしっかり持って進めた方が、失敗するリスクは減ります。

大胆にスケジュールを組んだら、都度修正していく。年に一度の本試験に後悔のないような計画を立てて勉強を進めましょう。

というわけで今回は以上となります。参考になれば幸いです。

勉強のスケジュールをたてるのは一人では不安、自信がないのであれば資格スクールを利用することも検討してくださいね。

▼▼おすすめの宅建スクール▼▼

【フォーサイト】は、資格取得のための学校としてトップクラスの実績!教材に徹底してこだわっています。

テキストはフルカラーでわかりやすいと好評!教室を持たないので手頃な値段になっています。

資格試験の通信教育・通信講座ならフォーサイト

【LEC東京リーガルマインド】は、全国展開の資格スクール。30年以上の実績とノウハウがあります。

LEC東京リーガルマインド

コメント

  1. […] 関連記事に【一発合格】宅建|初心者へおすすめのスケジュールの立て方という記事がありますので、あわせてお読みください。 […]